実現

Eupatorus gracilicornus

原作 / Design: 「ゴホンヅノカブト」 ロバート・J・ラング / "Eupatorus gracilicornus" Robert J. Lang
アレンジ / Arrange: cohacugawa (Hayato YOSHITAKE)
用紙 / Paper: 39cm まんだら
折り図 / Diagram: 折紙図鑑 昆虫Ⅱ

February XX, 2015

非常に難しい作品です。
なぜなら、すべての折り筋が11.25°という非常に小さい角度で構成されているからです。
さらに中央の角と触角になる内部カドがそれに拍車をかけます。
綺麗に折る難しさは神谷さんのエンシェントドラゴンに匹敵すると思います。

ぱっと見は原作と変わらないかもしれませんが、細部はすべてが変更されています。
簡単に特徴をあげれば、
  • 厚みを持たせて3次元的な造形になった頭部から前胸背板
  • 生え際や立体感、シルエットが変わった前翅
  • 翅脈まで表現した後翅
  • 立体的に節を再現した腹部
となります。






左が以前折ったもので、折り図に忠実。


ORIGAMI CHALLENGE #13 (Twitter #折り紙作品折り比べ企画) もぜひご覧ください。



Comments